1203

こちら朔。

 

自分の体調の悪さ、その原因、現状諸々をどうして他人に説明しないといけないのか。苦痛すぎる。こうやって書いてる分には勝手にやってるから良いとして、どうして「体調不良」だけでは説明不足とされるのか。診断書が出せないが健常ではないわたしの体調が悪いのか?わたしの体調は悪いよ、言ってんじゃん。疲れるね。仕事に行かなくては、仕事をしなくてはとがんばって生きてたら体調悪くなったけど、でもそれは自己管理不足とされるそうです。3年目のぺーぺーの即戦力にも何にもならない程度の働きでは仕事が大変だから体調悪くなったんだね、とは見なされないみたいです。もう朝ホームとかで倒れて頭部から出血でもして救急搬送されるしかないんでしょうかね。とか言ってたら灰谷先生が運ばれてきて笑えなくなりました。たった45分のコードブルーはおもしろい。わたしの今日1日よりよっぽど。

でも今日はいいことがあったからよく寝ます。明日は友人とドームに行くから大丈夫です。それ以降元気かどうかは別として。来年めちゃくちゃ健康に生きてそのまま年末でわたしも終わりたい。初めて転職を考えました。何も行動してないけど。

 

それじゃあまた。

 

 

201912021712

こちら朔。

 

相変わらず自分の体調が信用できない。

朝起きて、5時。最近だいたいこの時間に目が覚める、そんなに早く起きてすべきことがないので1時間〜1時間半本を読んでいる。漫画だったり小説だったりする。6時過ぎたくらいから布団を出て、お湯を沸かしてお茶を淹れたりする。何か食べるものがあれば食べるし、なければ食べない。顔を洗ったり化粧をしたり、着替えたりして外出る時間になったら外に出る。

今日は雨で、起きた時からずーっとぼんやりしていた。今思えば多分寝起きから外に出るまで聴覚が鈍っていて、外を見て初めて雨が降っているのかと気づいた気がする。

駅まで行って、電車を待って、乗って、二駅が精一杯だった。立ってられなくて降りて、椅子に座って頭を下げていた。このタイミングでたぶん会社に連絡をした。どれくらいかわからないけどしばらくそうしていて、でもどうにも寒くて、というか多分手の感覚がなくて、下りの電車に乗って家に帰ってきてコートも靴も脱がず玄関に足を投げ出して廊下に倒れていた、らしい。目が覚めて9時45分だった、らしい。追って連絡をして、午後から行きますって言ったら来なくていいです、と言われて凹んだ。そういう意味じゃない、心配と責任から出た言葉だってわかるけどそういう判断すらも鈍っていた、くらい頭が痛かった。靴もコートも脱いで部屋に上がって、パジャマに着替えて化粧を落として布団に潜り込んだ。

先週点滴を受けた医者には貧血ですね、って言われて、まずい薬をもらって服用している。朝も何か食べないと血糖値が上がらないから食べてねと言われた。朝から何を食べるんだ、ふつう、となって色々調べてレーズンを買って帰った。今朝はひとつまみくらい食べたけどダメだったじゃん。低血糖と貧血、お昼ご飯に何かを食べたら昼過ぎに血糖値スパイクになってしまうし、もうダメなんじゃないか。何が?

 

ずっと一泊二日の旅にふさわしいリュックを探しているけどむずかしい。こればっかりは背負ってみないとね、と思う。新しいコートとパンツと靴下、いつ着ようかな。新しいコートを着てリュックを探しに行きたい。四角くなくて黒くなくてつるつるしてないやつ。アジャスターの紐がベロベロしないやつ。上しか開かなくないやつ。外で倒れないだけマシだよなーと思う。学生の頃から外でだけは倒れたことがなくて、見栄っ張りだなとも思う。おなかすいたけど、気のせいかもしれないし食べたいものは相変わらずわからない。何を聞いていいのかわからない時と同じ具合にわからない。何を聞いたらいいかわからないけど電車に乗ってイヤホンで耳を塞いでいない方が無理だからパヴァーヌを再生することに決めている。いろんな人の演奏するそれを集めたプレイリストもある。

きちんと誰かと会う約束をしている時は元気なので、結局会社に行きたくないだけなんだろうなという気はしている。仕事をするのは嫌じゃないけど、通勤すること、あのフロアで1日の大半を過ごすこと、それがどうにも最近うまくいかない。あのフロアで深呼吸できた試しがない。Chromeで深呼吸と検索して出てくるアレも何度も試したけど胸骨のあたりで息が詰まる。誰かと会っているときに、わたしがこういうことをインターネットに書くからですが、心配してくれるんだけど誰かと会っている時は元気なので大丈夫です。行きも帰りも大丈夫。前日と翌日は大丈夫じゃないかもしれないけど、わからない。明日のわたしがきちんと電車に乗って出社してあのフロアで1日を過ごすことができますという保証がほしい。救ってくれる誰かはいない。ちゃんとしたいだけなんですけど、何がダメなんだろう。人のこと呪ってるからかな。目が覚めてしまった。昨日のベイストでも聞こうかな。明日行ったら今後についての話をしましょうだって。もう全然行きたくないです。

 

 

20191202

 

 

アイネクライネ

こちら朔。

 

9時に起きた。クロネコヤマトの午前枠を待つため。お湯を沸かす、洗濯物を集めて洗濯機へ→回す。キッチンの床を拭いた。お湯が沸いたのでイングレッシュブレックファストを淹れる。乾いている方の洗濯物を畳んでしまって、洗濯機が終わるまでさつまいもを細く切った。洗濯機があと5分だったので余裕だなと思ってさつまいもをきんぴらにした。洗濯物を干す。最近立て続けにネットが死んだのに1枚しか買い足さなかったからなんとなく足りないまま過ごしている。クロネコヤマトが来たので受け取る。干し終わったので前日に買っていた成城石井のレーズンパンを1.5個食べた。10時。身支度と化粧をして、11時30分に家を出た。54分の電車に乗る前にスタバでAMJMを得た。最近、というか8月以降自分の体調がぜんぜん信頼できず、今週も結構終わりの状態だったから各停に乗ることにして正解だった。

13時から美容室。めっちゃ切った。体調のことも、それ以外のことも何か憑くもん憑いてんだろ……って感じだったから禊的な、厄払い的な。そういう感じで髪を切るのは割と久しぶりだった。担当の美容師氏が独立するという話を前回聞いていて、その詳細や展望を今回聞いた。すごーく前向きな人だなと思う。もうこっちに住んでいる間、あの人以外に信頼して髪を切ってもらう人を見つけるのは無理だと思うので店舗にいなくなっても切ってくれるというので安心した。「よいお年を」と言って店を出た。

美容室を出てすぐそばのローソンで森永の大粒ラムネと塩トマトを買ってブドウ糖と塩分を摂取する。生き返る。3マスすすむ。

相変わらず土曜の表参道は人が多い。美しい襟足のお兄さんがスタスタ歩いていたので後ろをつけるように歩いた。人が多いところはいい感じのペースで歩く人の後ろをなにも考えずに歩くに尽きる。

そのあとコートを買いに行った。去年買ったコートは肩も身幅もジャストサイズで、それはそれで最高のコートなんだけどいかんせんオーバーサイズのニットやパーカーの上に着れないんだよね。ということでドロップショルダーで身幅広めのコートを探していて、これかなと思うものをネットで見繕って店舗に行った。接客してくれたお姉さんがタイプで、何もかもをスパスパ答えてくれて最高だった。AとBの違いはこう、サイズの差はここに出てる、AとBで売れてるのはBだけどAの方が似合ってる等々的確なタイミングで明確な返答がある接客、素晴らしい……となってコートを買った。出口で商品と一緒に「飴どうぞ」っていちごみるく渡されて完全に落ちた。最高。

メトロに乗って、乗り継いで池袋へ。コートなんて大荷物を抱えて池袋とかいう人間のいない地を踏むなんて普段なら絶対しないんだけど西武池袋本店には抗えない。ロフトで手帳を買った。ブラックのトラウザーが欲しくていろいろ見て回ったけどピンと来ずMHL.目当てにパルコに移動したけどなくなってて記憶違いか……?と調べたらルミネにあることになってて困惑した。時空歪んだ。化粧品売り場を一周した。トムフォードの香水、買うタイミングが掴めないな……。

ルミネに移動してMHL.でトラウザーを見る。さっぱりした背の高いお兄さんが接客してくれて、2種類履き比べて決めた。3色3種類見て、お兄さんが選んでくれた靴下も買った。会員登録してますか?と聞かれてそういえばしてないなと思い、用紙にめずらしく誕生日を書いたら、お兄さんと生年月日がまったく同じだった。お互い「初めて会いました!」とワイワイした。うれしかった。ベリーベリーストロングだ、と思った。

改札を通ってcampで1日分の野菜カレーを食べた。ベリーベリーストロングを聞きながら帰った。

帰ってきて即カボチャを1/4、煮物にした。トイレットペーパーがなくなりかけてるのを思い出して外に出た。小さな夜を聞きながら遠回りしてマツキヨに行った。シャンプーはまだある、と思って黄色いきき湯も一包買った。

帰って、お湯をためてお風呂に浸かった。あまりお湯の温度を上げないこと、一度に長い時間浸からないことにすれば上がって倒れたりしないんだなと当たり前のことを思う。

寝る準備をして、葉っぱの方のほうじ茶を淹れた。ぽかぽかしてたのでそこらへんにあった本を、しおりが挟まっているところから読んだ。鏡、1963/1982年のイパネマ娘、バート・バカラックはお好き?、五月の海岸線、まで読んで眠たくなったので寝た。

 

20191130