SnowManがいない

最初は見に行くつもりのなかったDREAM BOYS JETへ行ってきました。ので感想なりをつらつらと。

まず思ったのはタイトルの通りです。「SnowManがいない」と。「次世代のSnowManを探せ!」じゃないけどその類いのものをしなければSnowMan自体のネクステが見えない気がした。今SnowManの次の列で踊り、演技をしているJr.は固定されたグループやユニットがある訳ではないから、仕事によって一緒だったり違ったりすることがあるし、彼らの中でもシンメが変わったり今日はあいついないんだねってこともある。その一人一人をよく見て一人ずつをSnowManにしないといけないのではないかなあと。もちろん一人一人の個性を消すとか言う話ではなく、今までSnowManがしてきたことや先輩に教わってきたことを教えていかないとSnowManが次へ進めないと思った。もちろんそれは座長レベルの人がすべきことだはなくて、SnowManがしなければならないこと。自分たちが後輩Jr.から尊敬する、と挙げられている以上それ相応のものを還元しないと。彼らのネクステへのヒントを示しつついかないとSnowMan自体のネクステも夢物語になってしまうよ。 SnowManの言う「Jr.のトップ」がただ前に、前回よりも良い位置に立つ事ならそれは違うと思う。だから、次のSnowManが生まれない以上トップには近づけないと思う。今6人で活動出来ているからいろいろな現場で3:3、2:4、1:2:3とかで舞台に立てている。まあ良くない感じの便利屋かよと思わない事もないけど、それでSnowManが成長出来るのなら結果良いのだろうし、それもあるから6人だけのステージを作る事も出来る。そういうことも含めて「伝える」ということをしてほしいな。どの舞台でも必要とされることは本当に嬉しい事だけど「デビューしたい」と公言している以上、SnowManには前へ進むという道しか残っていないのだから。次世代作ってこそのトップだよ。トップに立つ現実を夢見て。

岩本くんのこと。彼はなぜか既に帝劇を持て余している感じがある。いちばんの人だから贔屓目もあるけれど。持て余している、というか彼の帝劇に対する選択肢が0番に立ち続けるしかないんだね。新橋の時はこうは思わなかった。あの時は絶対的センターの滝沢さんがいたからかな。今回の舞台の座長は玉森だけどストーリーテラーはマッチで支柱は宮田でメインは千賀くんだった感じがした。だからかなあ。岩本くん、どんなお話が良いかなあ。まあでも岩本照は相変わらず何もブレてなくて安心した。ダンスの知識はまるでないから何が良いとか悪いとかもわからないし、すごいとか好きでしか言い表すことが出来ないけれど、とても素敵ですごく好きなダンスでした。どんどん自分のなかのネクステ更新してるんだね。毎回同じだけど毎回違う岩本照なんだろうね。軸を整えてぶれないように保ちつつ新たなものを吸収して発揮しているからすごいなあと思っています。

舞台のこと。思っていたよりもおもしろかったけれど想像通りレースシーンがチープでな…というか富士スピードウェイじゃん!?なんで誰も教えてくれなかったの?!F1好きの父に育てられた娘は血が騒ぎました。とその話は置いといて、あんなに説明が必要な舞台ってどうなの?は否めない。ダウンフォースとか知らなくても追えるお話だったのにダウンフォースダウンフォース…じゃあウイングのボルトの大切さも教えてよふっかちゃん!?そのパソコンで何を見てるのか教えてよさっくんあべちゃん?!あ、増田様の生歌美声過ぎてびっくり、そして宮ちゃん歌うまいの本当だった。個人の感想は感想アカウントにて。話それた。一番いらないかなあと思ったのはマッチの地の文読みです。小説じゃないんだから。

最後に。 寺西くんへ 双眼鏡で岩本くんを見ている時勝手にフレームインしてくるのはやめて下さい。勝手にフレームインしていいのは山本さん家の亮太だけです。

今週末は千秋楽!最後まで気を抜かないように、けがを悪化させないように。無事終わりますように。