幸せなんかおそらくそんな感じでしょ

発売から若干の時間は経っていますが、関ジャニ∞のJUKE BOXの感想をすきなように書きます。今回は全アルバムに共通収録されている15曲について書きます。次回は未定。

 

JUKE BOX(初回限定盤A)(DVD付)

JUKE BOX(初回限定盤A)(DVD付)

 
JUKE BOX(初回限定盤B)(DVD付)

JUKE BOX(初回限定盤B)(DVD付)

 
JUKE BOX(通常盤)(初回プレス仕様)

JUKE BOX(通常盤)(初回プレス仕様)

 

 

 1.TAKOYAKI in my heart

前山田天才だありがとう!!!前山田さんから見る関ジャニ∞=世間一般(であろう)関ジャニ∞のイメージなのか、世間の抱くイメージに寄せてくれたのかは分からないけど、まさに関ジャニ∞の縮図。村上くんはお金に厳しい、ケチではないと言い張る、チャームポイントはもちろん八重歯!ツッコミポジション!安田くんはおしゃれと奇抜の紙一重、「どっちかというと こっち系」から垣間見える天然ボケなこと。錦戸は二枚目、何言っても「キャーッ!」って言われてそう、同じことを横山くんがやっても意味なし、錦戸であることが付加価値。すばるくんはテレビ的にヤバい人、放送コードギリギリでいつも生きていたい、ビブラート聴かせてる、天下一品!丸ちゃんはつかめないwww前山田が仕事を放棄しているwww年中ギャグ言ってる、ノリで生きてる、ハッピー撒き散らしてる。横山くんは結構なんでも知ってるけどドヤって知識披露しようとすると大事なところで噛む。ドヤりたいのに早口言葉は言えない。大倉は太鼓の達人。太鼓=祭り。一曲まるまるわかりやすくてサイコー。関ジャニ∞=大阪!大阪LOVE!に溢れてる。最後の山田が小声で主張するのがたまりません。世間的にはキャラ濃いのに押されて言いたいこと言えてないイメージなのが分かりすぎる!!!前山田天才なのはもう一点、わざとらしくなくソロパートにメンバーカラーが入っていること。すげー!って思ったのは「黄色いお出汁」と「よりどりみどり」です!音も凝っててすごい。バンドもホーンセクションもパーカスもここぞ!っていうところでピタッ!とはまってるから聴いてて気持ちがいい。にぎやかでうるさい、これぞ関ジャニ∞。なのでは。「とりあえず まあ 笑っとけ」

 

2.レスキューレスキュー

無責任ヒーローはあんなに無責任だったのに、同じヒーローというテーマを持ってこの曲を聴くとまるで母親のような気持ちになったw「必ず守るよ」…!これを歌えるようになったアラサーはやばいと思う。しかも愛と平和のために!大きくなったね…(母親)縦ノリが楽しい。嫌なことが吹っ飛ぶ。もう何も手放すんじゃねーぞ!って言われている気がしている。「どっからでもかかってこんかい」

 

3.Sorry Sorry love

失恋、しかも振られる系ソングキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!しかも俺反省系、夢と恋天秤に掛ける系(まとめろ)大好きです!!!!しかも打ち込み!高まる!!ピコピコの加工掛けたら横山くんは本当に本当に…(感涙)ほんとに機械っぽくなるのは錦戸だけどいい感じに人間残るのは横山くんだから輝くね。「1人きりのこの部屋は原色のないアトリエのようだ」っていうフレーズがスルメ。絵を書くことにおいて色を作るためには絵の具があればいいし原色(赤・青・緑)が無くても色は作れる。けれど多分この場合その3色だと認識するための「ひかり」がなくなったように思った。「君の中で俺が消える瞬間を感じたよ」

 

4.へそ曲がり

なぜこれが大倉のドラマの主題歌だったのかはドラマを見ていないので分からない(笑)シングルだけで聴いているとあんまりぴんとこなかったけどアルバムに組み込まれると一気に開花した!デキャンタが必要だったのね…「挫折に絆創膏貼る」っていうのがエイトらしい。絆創膏貼るのって「まあ貼っときゃ治る^^」程度の擦り傷切り傷だから、挫折をその程度のものと思って次行こうぜ次!!っていうのも必要だよって教わる。自分自身そんな折れて落ち込むことはあまり無いけどこれからいっぱいあるであろう挫折には絆創膏貼っていこうと思った。いちいち骨折だの手術だの騒いでる暇があったら前に進みます!ハイ!「…本音じゃ怖くて仕方ねぇ」

 

5.青春ノスタルジー

ここにきてこういう曲を歌えるようになったんだね…(感涙)(また母親)何故か聴けば聴くほど歌っている人たちが本人の思い出話ではなくストーリーテラーのような立ち位置になっていく。中学生とか高校生の恋を横から見守って時にはアドバイスして…っていう情景が…なぜだ。この曲、へそ曲がりの後にあるから前に前に進むだけじゃなく時には立ち止まって思い出を過去を懐かしむことも大切だよって教わる。ところで彼らはよくルージュひくオンナに振られますね。「泣けるぐらい 本気で はしゃいでた Yesterday」

 

6.涙の答え

ここの流れはちょっと不満!前曲で結構グッ…と来てたからさらっと終わってしまう!もったいない!この曲もシングルからデキャンタされたらしい。MVはよかったけど曲としてはあー映画のためにねーって感じだったから。でもこの曲に灼熱というワードはどうなの…?と思ったり。灼熱の反対は極寒だけど別にそんな冷めきった恋して無いじゃん…と思う。うん。「いつか終わる旅に出るんだ」

 

7.夕闇トレイン

イントロから夜明けに向かっていく感じがあってわくわく!Bメロの引っ張り気味のメロディーが大好き!!田中秀典さん*1と野間康祐さんの曲すきだー!コード進行がおしゃれだし、詞も背伸びしてる感じがなくて。いつ歌っても等身大な関ジャニ∞を魅せられる気がする。いつもありがとうございます。関係ない気もするけど、夜に散っていたものは空駆ける星座になったりする?しないか。「悲しいのに 涙は こんな時に限って 出てこないや」

 

8.クラゲ

夏休みの前の嬉しさと会えなくなる寂しさが混ざり合っていてすき。クラスは浮かれてるのに自分は喜べない感じが。僕はクラゲで君が雲。同じ浮遊しているものだけど生きている世界はこんなにも違う、海の中から見る雲は地上から見るより遠いし…高嶺の花ではなく雲の上の存在なのかなあ君は、とか聴くたびにいろんな考えが生まれてくる。君に会えただけでは幸せと思えない、って端から見ればぜいたくな!って思うけど実際そう思うことの方が多いよなーとか。でもそう考えて、出会わなければよかったなんて思う自分に対してはすごく自己嫌悪になるし。っていう思い出を忘れることも無く消化することもなく…エピソードは全然違うのに自分と重ねてしまっている。モノローグで始まって、夏休みの前、後、今っていう流れがきれいで自然だと思う。ヒグラシがいなくなってクラゲが出る前って限定に限定されていてすきな表現。「ヒグラシの声が終わる前に クラゲの姿が見える前に」

 

9.Dear Summer 様!!

あれっこのアルバムって夏発売でしたっけwここにきてばりばりの夏歌とは。タオル回して良いかな!埃がたってすばるくんの喉を痛めるからだめかな!!ハイ!夏に恋してその相手に対しての歌とかは数えきれないほどあるんだろうけど、夏そのものに対しての恋歌って珍しいというか初めて耳にしました。個人的に夏が一番すき!ではないから早く夏に聴きたいな!「大好きなんだ!! 嘘はないんだ!!」

 

10.あおっぱな

この曲はシングルの時からガブ飲みだったよ!やっぱまるちゃんすごいな〜CDで聴くと最後のギャグがなくって物足りない!なんか忘れてる!ってなる。(T.W.Lもそうだった)女と言える生活をしているかどうかは定かじゃないけどw女なのにこう、グッとくる!なんで!どれだけ失敗を恐れて日々生活しているか…この曲聴いてるとまーなるようになるしなるようにしかならないよな!と思えるから気分が軽くなる。発表とか試験の前とかに聴こう。多分結果がどうであれ帰り道の足取りは軽くなる。「明日は日本晴れ」

 

11.北風ブルース

イントロとAメロのフィルインがすき。あなたたちも北へ行くのね?!奇遇ね!わたしもなの!(CV:小泉今日子)と言いたい。さすが葉山さん*2、に尽きる。ここの流れは夏→秋だけどどこにも行き着きません。まだ冬は来ません。「急がなくても 風は止まない」

 

12.あなたへ

失恋ソングキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!しかも女目線!錦戸の発する「私」がすきだ本当にすきだ。「ついてゆくわ」の錦戸!!すきだ。大倉がセクシーで哀愁でいと。今までのすばるくんだったらがっつりビブラートきかせてねっとり歌うんだろうけど違くて、それがものすっごく良い。女目線って言うのもあり、坂とかガラスとか、どこかKinKi Kidsっぽい。これは別れたのか、死んだのか。「永遠に一緒だよね?」が妙にひっかかる。どっちにしろ良い曲だなー。こんな大人な曲も歌えるようになったんですね。「あの日くれた言葉信じてるの」

 

13.Your WURLITZER

すきすきすきすき!!!!!!!!!!!錦戸くんだいすき!!!!!!!!!!!!テンション高いし、それよりまず、特定の相手を脱却した軽めの軽すぎない歌詞が書けるようになったのねだいすき!!!!!!!!!どうして安田くんはこんな曲を書くことが出来るんですかね、安田くんなのに(語弊)。この曲、テンション高めで聴くと一緒にシャウトー!!!って聴けるけど気を抜くと号泣だからびっくりするw感情を音楽の種類と置き換えているのが錦戸らしいですね、すきです。これわざとスネアは張ってるのかな?軽めに聞こえるけど、それがまた!いいです!これ時間にしたら短いし次の曲のイントロのようになっているけどそれで良かった、これを一般的なフルタイムでやられたら号泣だし腰抜けて立てなくなる。「さぁ今はどんな気分ですか?」

 

14.West side!!

この曲と前の曲がどういう繋がりをもって生まれたのか知らないけど、続く曲のジャンルがロックっていうのが凝ってるなあと思う。あくまでもジャニーズなのに。だからなのか分からんけど。分かったふりして自分で自分を納得させて無難をモットーに長いものには巻かれて生きるのがかっこわるいことに気づく。でもそれをすべて取っ払ってさあ明日から自分に素直で生きていこう!とは思っても出来ないから、West side!!を聴いて、イライラ抱えて帰ってきて一緒にシャウトする!すばらしい(何の話)応援ではないのが新しいかな。あなたのことはあなたにしかどうにもできないからまあ頑張って。という感じ。でも突き放してはないから暖かい。すばるくんのシャウト曲が増えました。「自分持ってるやつは どこか美しい」憧れて実践できたらいいなあ。

 

15.ここにしかない景色

デキャンタ!!!!この曲が最後に来るとこのアルバムの曲順通りのコンサートに行った錯覚に陥る。この曲で歌われる景色は実在してようとなかろうと、ただの道だったり窓から見えるいつもの景色なのかもとか聴く人によっていろいろあるけど、「君」と見ることに意味があるんだなあって。何気ない景色でも大切な人と見ることで大切な場所に、ここにしかない景色になるんだなあって。落ちサビに全て詰まってるのがよく出来た脚本とか小説を読んでいる気分になる。ここからシャッフルせずにリピートすると1曲目に戻る訳だけど、彼らにとってのここにしかない景色が分かる気がして嬉しい。関ジャニ∞しかない景色はたこやきです。(語弊だらけ)「僕らは偶然の中で出会って 同じ時を共に生きている」

 

全体的には、すばるくんのアクが抜けたのが大きいなあと思った。前回のアルバムはなんでもかんでも渋谷すばる!俺の歌い方はこれ!って感じだったからしつこいなあと思う部分もあったけど、今回は本当に、完敗です…。すっごい上からだけど詞をほんとに読み込んで理解してるんだなあって思ったし関ジャニ∞としての渋谷すばるを自分で分かってきたんだなあと思った。声と耳だけでこれを伝えてくるんだから本当にすごい人だと思う。はじめのうちはもっと一人一人にいろんなことを思うんだろうと予想していたけどいざ書くとなると全部持っていかれたもん。それほど影響力があって大切なものを握っている人なんだなあと再確認。

今はもう離れてしまっているしなんかこういうの書くのも最初は憚られたけどわたしの思うペースで応援していこうと思っているから書きました。一歩離れたところから見るのも楽しい。近すぎて見えないものはあるから。降りると決意した時に思ったのが「後悔させてほしい」だったので今いい感じに後悔していてすっごくいい(笑)なんだかんだすきなんだなーって思えてます。そりゃまあすきか。

自分にとっての備忘録であり、本当に好き勝手書いたので異論は受け付けません!w終わり!