雨、昨日の夜、東京

最近太陽を見ていないからかうまく息ができない。

終わりのない曲がすきでぐるぐると聴き続けている。BlackbirdにIn My Life 、Strawberry Fields Forever、 ForevermoreにRoam Around。終わらない。プレイリストに混ぜ込んでぐるぐる、ぐるぐると同じ景色を歩き回っている。何者にもなれないわたしが、変わりもしない景色をきれいだきれいだと言い続けている。

今日、めちゃくちゃ凪。

何も自分の感情の内側に入ってこなかった。

やらなきゃいけないこともたくさんあったはずなのにすべてを後回しにして布団にいる。

飛び立つべき空も知らないのにその瞬間を待っている鳥のように、羽を閉じて暗闇に身を紛れ込ませて、静かに息をしている。相変わらず起きるべきではない明朝に目がさめるし、夜も寝つけないことも多い。輝くような微睡がほしい。そのまま起きないでいいなら、その方がいい。

絶対的なことなのに時々忘れそうになってはっとする。

わたしはわたしの物語の主人公であること。

語弊を恐れずに言うのならわたしはわたしがしあわせだったらあとはどうでもいい。ただわたしのしあわせはわたしだけのしあわせでは成り立たないから厄介で、わたしのしあわせのためにわたしのしあわせが蔑ろになってしまう瞬間がそれなりにあってむずかしい。わたしのしあわせ以外ぜんぶ余談だとわりきれればいいのに。

明日、現時点で、わたしが生きる世界で、いちばんきれいな人が板の上に立っている様をこの目に映してしまうらしい。

板の上というのはどうにも不思議な空間で、ライブのステージともコンサートのバミリの上ともぜんぜん違う。

立っているのが「その人」ではなく「その人が演じる誰か」なのだからあたりまえではあるのだけど。あの不思議な空間に、わたしの世界の神さまが立つ。花火が上がるわけでもなく、一生かけて守りたい特別な場所でもない。ただ、借り物の板の上に、その人ではない誰かが立つ。でも、その世界の秘密を守りたい。大人は秘密を守る。世界の秘密を。

なにもかもを手放して、きらめきのまどろみだけを抱いて秘密を共有できたらいいのにね。

っていうわたしの、後悔と未練のはなし。

『幽劇』初日によせて。