ふつうのこんやのことを

 

スーパームーンです。でした。0:47。

最近は映画も見てないし本もあまり読めてなくて自分に返ってくることをほとんどできていない。だから言葉も足りないし感情もすかすかなんだけど、スーパームーンのことは覚えてた。リマインダーに入ってた。入れた過去のわたしえらい。

 

いろんなことを考えてはいるけどいかんせん言葉が足りないからアウトプットできないまま寝て起きてを繰り返しているからつまらないなあとおもう。

 

でもやっぱりさっき、スーパームーンを、月と星座を見てて浮かんだのは先生だったからしばらく優先順位は1位のまま見続けていようとおもう。先が短いものだからっていうのももちろん、あるけど、悲しいけど事実だから、あるけど、今のわたしのいちばんはいまのところ先生だという話なので、神さまが神さまじゃなくなるまでは見ていようとおもう。

 

先生、スーパームーン見ましたか。先生の目に映るスーパームーンはきれいでしたか。言えないんですよね、先生に対して、「月がきれいですね」なんて。わたしの世界のふつうの夜では少なくとも月よりきれいなんですもん。だから、先生から見た月がきれいだったら、いいなあとおもいます。

 

12月4日のふつうのこんやの徒然話。おやすみ。