春の夜の夢にしない

 

▽201804132237

23歳のわたしを東京に置いて旅立つといういささかドラマチックなことをしている今年の誕生日です。puzzleの初日以来かなあ、行きたい現場の被った誕生日は。

わたしが誕生日に「誕生日です!」と宣言するのは祝ってほしいことに他ならないし、まだ生きてる!やったー!ありがとう!生きねば!の思いが強いんですけどそれ以上に、わたしはわたしの誕生日がだいすきなんですよね。

 

4月15日という日付が、まずだいすきだし(よいこの日!)、何より4月がすき。字面もそうだし、春という季節、冷たい風吹く紺色の夜、空色という名に違わぬ朝の空、眩しすぎないあたたかな陽射しにカーテンを開ければ、外を歩けば見える白や薄桃色のさくら!

 

さくらがすきです。ずっと。ドンピシャのさくら味やさくらの香りとはあまり出会えることはないのだけど、さくらと言われれば食いついてしまうし、さくら色と言われれば似合わないとわかってても手にとってしまうし。いちばんの人はさくらの歌をうたってコスモスの咲く季節に去ったけど、わたしはさくらがすきだよ。コスモスもさくらだからまあ、さくらじゃん、ね?

 

15日、の字面ね。15日は4月といちばん合う組み合わせだと思う。自意識なんですけど。4+1で5という収まりのよさとか、偶数/奇数奇数のバランス感とか。「よんいちご」も「よいこ」も「しがつじゅうごにち」もぜんぶすき。エイプリルというサイコーな響き!April、LとRがわからなくなることもあったけどすきだな。どう?

 

あとはもう蛇足だけど、わたしはわたしのことがだいすきだから、誕生日もだいすきっていうだけ。歳を重ねることを嫌だという人もいるけど、わたしは一生年取りたい。当たり前なんだけど。いつだって年相応でいたいし、いつだっていちばんすきなのは今のわたしがいい。わたしはまだ、「あの頃はよかった」のあの頃を知らないし、まだまだ知りたくもないし、死ぬまで知りたくない。

23歳、なんか、「あずましくない」の一言に尽きる1年だった。あずましくない、は北海道弁で落ち着かない、とか居心地が悪いの意味なんだけど、ほんとうにこれだった。だから24歳、年女ということですが偶数と偶数でうれしい。落ち着いて過ごしたい。

 

 

▽201804142324

明日のわたし無理です!明日のわたしがむり!今日もめちゃくちゃだったけど明日もめちゃくちゃだ!明日のわたしがんばれ!

 

 

▽201804152319

いろんなことがあったけどわたしの人生はわたしがハッピーにする。わたしの4月15日は永遠にわたしのものだよ。誰にも渡しません。

ハッピーしかいらないわけじゃないけど、ハッピーは待っててもこない、そこらじゅうに落ちているものではあるけど拾おうという意志がなければ意味がない。誰かに振り回されて不幸だと嘆く暇があったら見える範囲のしあわせぜんぶ拾ってわたしはわたしをハッピーにする。

今日しあわせをくれた人たち、みんな、ありがとう。だいすきです。これからもだいすきでいたいから、とりあえず未来の方向を向いていようと思います。

 

 

 

「しあわせってなんだっけ」って聞かれたら、わたしは、あなたもわたしも生きている未来だって答えるよ。

 

 

HappyBirthday to me!

 

https://www.instagram.com/p/BhmDGBWB6jw/

︎⋆#happybirthdaytome #0415 #s #yellow

 

 

プレゼントください♡ 

http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/17M9M0HYF3OXK