夜明け前の春

 

こちら朔。

 

春は最高!4月だいすき。

f:id:s_moozy:20190414230920j:image
f:id:s_moozy:20190414230915j:image
f:id:s_moozy:20190414230924j:image
f:id:s_moozy:20190414230932j:image
f:id:s_moozy:20190414230909j:image

 

25歳の目標っていうか指標、 Daylight だなーと思ってる。夜が明けたらこれからの自分が進むべき、歩いていける道も見えるようになるでしょ。

つまりは現状ほとんど何も見えてないってことなので、ちょっと先くらいまでは見えるように懐中電灯手探りで見つけてみたり、もしかしたら標識あるんじゃ?って上照らしてみたり、腕時計と太陽頼りに北探してみたり、足元につまづく要素がないか確かめてみたり、そういう小さくとも確実に未来の自分を救うであろう作業をていねいに積みながら歩きたいなって。

毎日なんとなくしあわせだし、日常に落ちてるしあわせのかけらを見落とさないように拾い集めてはわたしのためのしあわせを形成してる途中だし、「ふつう」の「毎日」を生きていて出会う偶然の「しあわせ」を大切にしたいし、してるし、今までずっとそうやってしてきたから、きっともっとこれからもそうやって生きていくんでしょう。

そのしあわせのかけらを撒いてくれる、しあわせを叶えてくれる存在を失ったとしてもわたしはわたしの歩みを止めるわけにはいかないんですよ、風が立ってなくても生きなくてはならないんですよ。そうするんだよ、って背中を押されてるから。

「終わり」とか「始まり」とか「初めて」とか「永遠」とか「明日」とか「未来」とかについていろいろ考えては何も掴めなくて諦めたりしてる。わかるわけないよねーって。わかんないよ全部、「その時」にならないと。

「その時」が来た時に、あーここが、今が、この瞬間が「その時」じゃんっていうのを、その機微を逃さないように粛々と「ふつう」を生きましょう。生きて、「その時」を迎えた時の感情を忘れないようにしよう。って思ってます。

 

それでは25歳、はりきってどうぞ!

 

 

 

っていうか25年って四半世紀ってことなんだけどやばくない?

わたし四半世紀生き抜いたっぽいんだけどやばくない?

やばいので誕生日プレゼントください︎︎︎!w

 

f:id:s_moozy:20190414234141j:image

20190415:Today’s my birthday!

 

それじゃあ!また!