6月、日曜、夕方

こちら朔。

 

劇場に行く前、というかなにかを見る前の状態を書き起こしておくのは後に残さないためにも感想が引きづられないようになるのも含めてよかった。劇場を出た時には観劇前後の差分だけが残る。

 

最近まとまった文章を読みたくてインターネットうろうろしてたんだけど、論文はわりと文章を読むための元気と理解するためのキャパと集中力が必要なので仕事の行き帰りに読むのは難しいなーどうしようか、と思ってました。それって読書を求めてるんじゃん、って3日目で気付けました。よかったね。4日目にして本を持ち出すのを忘れたのでなんなの?と思って積ん読を並べてはやし最上川、をして、そのあたりから持ち出してはまとまった文章を読みたくなれば読む、みたいなことをちまちまやってる。

ちまちまやってても読み終わって取り出すと翌朝持ち出し忘れる、のでこないだ Apple Books にいつだかダウンロードした無料の選手、カフカの『変身』読んだんだけど虫の詳細な描写を朝から読むのに心が挫けた。でも片手横スクロールでスイスイ読めて体験としてはよかった。短めの小説とかだったら電子でいいかもしれない。ちなみに漫画はほとんど電子に移行した。家に物、もっと言えば紙を増やしたくない思いが強い。

それにしてももっとみんなブログを書いてほしい。なんてことない他人の普遍的な日記に救われることが多い。もちろん誰もそんなつもりもないところがいいよね。あなたの日記が誰かの命を救います!とか重すぎ。わたしは未来のわたしを救うために書いてるだけだし。でもみんなブログ、というより生活に寄った日記書いてほしい。読むから。読んでるから。

 

黒いTシャツに黒いパンツを履いて黄色いバスタオルを被って寝ていた。夢を見てたっぽい。忘れた。もう少し寝てから作業を再開する。

最近ツイッターしすぎなのでよくない。

インスタも見過ぎだと思う。よくないと思う。

以下は先日食べたピエールマルコリーニのワッフル。生地がもちもちしていて甘みは排除されていてよかった。

f:id:s_moozy:20190623170559j:image

f:id:s_moozy:20190623170552j:image

 

それじゃあまた。