6月終わった

こちら朔。

 

6月終わったね。いつもは月の終わりなんて特に何も思ったりしないんだけど、2019年の6月はわたしにとってわりと「おわりとはじまり」みたいなものが交差してて個人的におもしろかったのでちょっと、思い出せる限り書いてみよかなと思って。


f:id:s_moozy:20190707080602j:imagef:id:s_moozy:20190707080302j:imagef:id:s_moozy:20190707080313j:imagef:id:s_moozy:20190707080258j:image

観劇合間に飲み食いしてるもの 誰かといるとちゃんと飲み食いするので健康 下ふたつのミルクティーは観劇日程ついでの散歩だけど

 

っていう下書きがあったんだけど、現段階(7/7)で思い出せる「おわりとはじまり」が

 

・おわり

    エイトのFC更新しなかった

・はじまり

    『エリザベート』ひいてはゆんのトート

 

くらいしかない。鶏頭すぎる。

何かを思い出そうとしてもゆんのトートが脳裏をかすめるくらいにはダメダメなのでそういうことです。

たぶん他には、ある人に対してのとある感情を諦めたり少し温度を上げてみたり、また別の、ある対象への解像度を上げたり下げたりしたのだろうけどもうそれがふつうになってしまったみたいでそれ以前のことを思い出せない。

あけすけに言ってしまえば、ゆんのトートこんなには、ハードルレベルの高さの越えてほしいボーダーのようなものを用意していたが棒高跳びの記録を更新してきたみたいな意味でね、期待していなかったし、何よりすんごくたのしそう、なんだよねえ。人生そのものが。そういう本人の内省的な部分の見え具合がいますごいちょうどいいんだろうな……演じて生きてるあっちと、それを見ているこっちの感覚、あるいは距離感とかオタクの深読み妄言で片付けることのできる部分のバランスがね。知らんけど。本人があの仕事にたのしく従事している様をお金を払って見ていられるのはほんとうに幸せなことですね……。ましてやそれが板の上で最高の布を纏い、なびかせ、音楽に合わせて歌い踊り演じるという行為であることの尊さよ……。その、一定期間においては強い一貫性を持っているはずの行為がたいそう刹那的な生き方であるということ、そしてそれを鑑賞、目撃しているということ、とかとか、いろいろ考えては「あーゆんのトート最高」というフレキシブルすぎる一言に任せて生きている。だって最高なんだもん!最高!

 

こんなに「はじまり」の方を明記するつもりはなかったんだけど書いちゃったからついでに「おわり」の方も。

ただそういう事実があるだけ、ですね……。YJから引き継がれた名義をここまで生かしておいてここで殺した。理由はただひとつで「ライブがおもしろくないから」なんだけど、ここで言う「おもしろさ」は「わたしが欲しいおもしろさ」なので当たり前だけどみんなに通用する感情ではない。おもしろいと思ってる人はこれからも見続けていけるそれ以上の幸福ってきっとない。何事も続けること、続けられることは意図せずともそこには不断の努力があるからこそなので、いいなあ、と思う。だけど2010、11年以降から思っていることを、思っていながらも「でもなあ」「言うても……」みたいに惰性的な感情を抱き続けるのはあまりにも精神衛生上よろしくないし、つまんないものはつまんないんだよ。彼らのやりたいこと見せたいことおもしろいと思うこと、が自分のそれとイコールじゃなくなっていることはきっと悲しい出来事なんだろうけど今全然その感慨がない。まあ、この話の本質はきっともっと前の出来事に起因していることなので、話したいときに話したい人にオフレコで話します。個人に対しての感情はまだ、まあくすぶってはいるものの、続いているのでこれが吉と出るか凶と出るかは神のみぞということで。おわり。

 

ベストアルバム発売に際しての音楽番組シングルメドレー無双に心を潤わされると同時に焼かれ続けている。どの曲にも切り取ったら「今のわたしの感情」あるいは「彼らの現状、そしてこれから」になるセンテンス、フレーズがあってひどく恐ろしさを感じている。知らないうちにいつも近くにいて助けてくれていた存在を、便宜上一旦、失ってしまうという。なんか今、ジャストナウの感情としてはさみしいよりこわいが強い。はて、さみしいって思ったかな、1月末から今日まで。どうだろうか。

 

起き抜けに下書き消化しようと思って加筆してるからボロボロそうだけど6月終わったわたしはこうですよということで。

 

最近家でコーヒー飲むのをやめて紅茶を飲んでいます。これも一応6月中の「はじまり」だな。特に理由はない、コーヒー豆無くなって買いに行けてないとか、なんかコーヒーじゃないもの飲みたいな〜〜と思って、最近紅茶をストレートで飲むことに慣れてきたから買ってみた。おいしい。適当に入れてもちゃんとなるのえらい。濃いめに出して豆乳でラテにしても美味しくてえらい。

紅茶、ティーポットとかないしな……と思ってたけどコーヒーサーバーに茶葉そのまま入れてお湯注いで、カップに移すときにコーヒーフィルターで濾せばいいんじゃん?となり、そうなってる。物も増えない最高の運用。なぜイングリッシュブレックファーストかって、スタバのAMEBがすきだからです。ルイボスティーもおいしいなと思い始めている。最近変わった味覚のひとつ。生きて知らぬ間にどこかの感覚が変化してるの超たのしいな。本格的に暑くなったら下記みたいな方法で飲んでみたい。

 

こんな感じ。近況としてはやばいけど元気って感じ。7月どうにか生き抜きたいですね。考えなければならないことは多いままですが。

 

それじゃあまた。